読みやすく

はじめに

文字や文章の「読みやすさ」は、可読性、視認性、判読性という3つの要素から成ります。「可読性」とは文章が読みやすいか、「視認性」とはパッと見た瞬間の認識しやすさ、「判読性」とは誤読がないか、という指標です。書体(≒フォント)の種類や文字のサイズを変えたり、行間や字間を調節することで、これらの要素を高めることができます。ただし、どの要素を優先させるかは資料の目的や状況によって変わります。プレゼンのPowerPointsスライドなどでは視認性と判読性を、申請書などのWord文書などでは可読性を重視します。

「読みやすく」では、まず、書体やフォントの選び方を解説し、そのあとで、読みやすい文章のための文字組や箇条書き・段落の作り方、約物とと単位の使い方のコツを解説します。それぞれ下のリンクから解説ページを見られます。



目次

はじめに書体の使い分けフォントの選び方おすすめフォント文章箇条書きと段落約物と単位



もどる すすむ




TOP